小林健二・鉱石ラジオ

10年ほど前の「シークレットボイス」は、透明なものを使って作りたいという小林さんの長年の思いが結晶した作品。ため息のようなささやき声でラジオの音声が聞こえてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA