小林健二の蔵書

「無線と実験」はラジオ工作には欠かせない雑誌で、今でも「MJ」という雑誌名で発行されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA