小林健二「ぼくらの鉱石ラジオ」

画像のうち、左上は真鍮製のため、重さのバランスをとるのにうしろにウエ
イトがついている。中のものは羽全体が鋳造製。右は四角い羽の変わったもの。
写真6のうち、左と中は昔のエアーヴァリコンのポピュラーなもの。右はセル
ロイドケース入りのエアーヴァリコン。
ほこりが入りにくく安定した作動が望めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA