小林健二の鉱物標本

石膏(Gypsum)
石膏というと白色のイメージがあるかもしれませんが、あれはこれらの石膏を砕いたのち結晶水を焼成してとばした焼石膏のことです。もちろんこの透明な石を砕いてしまうと白い粉になってしまいます。しかし絵の具を作る上では重要な体質でテラ・アルバ(Terra alba)などとも呼ばれています。標本産地:Naica,chihua,Mexico

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください